中小企業の社長さんを応援する保険代理店
  • HOME »
  • 保険で失敗しないコツバックアップ

保険で失敗しないコツ

「保険に入ろう」
そう思っても、保険には、終身保険、定期保険、養老保険、医療保険、子ども保険、がん保険、傷害保険…。
たくさんの保険の種類があり、真剣に保険選びをしてみると、非常に難しいものです。

保険選びを失敗してしまうと、万が一の時に、

  • 保険金が支払われない
  • 保険金の金額が思ったより少なかった。(足りなかった)

という契約内容でのトラブルが発生してしまいます。

また、

  • 支払いが大変で、生活が厳しくなってしまった。
  • 支払いが継続できず、保険を辞めざる得なくなってしまった。

と普段の生活に直結してしまうこともあるのです。

このようなことのないよう、保険の選び方をしっかり身につけ、自分にピッタリな保険にムダなく入れるようにしましょう。

保険の選び方は、

  • 年齢
  • 性別
  • 家族構成
  • ライフスタイル
  • 会社の状況

などにより、人それぞれと言われています。

しかし、弊社の保険選びの基準は、どのタイプでも当てはまるよう、最善の保険の選び方になっています。
ぜひ、参考にしてください。

1.外交員の「見積りをお持ちしますね。」には要注意。

保険で失敗しないコツ イメージ画像02保険の目的は決まってますか?

保険に加入する時のキッカケで一番多いものは、「保険外交員に勧められたから」というものです。

外交員は、お名前・生年月日・家族構成をヒアリングして、「見積りをお持ちしますね」と後日、保険の提案にやってくるのです。
しかし、これには、十分注意しなければなりません。
なぜならば、保険に加入する“目的が不明確”だからです。

このような提案の仕方になってしまうと、「あなたに必要な金額は、◯◯◯万円です。
がん保険を入れると、このくらいですね」と売り込まれてしまうのです。

では、どのように目的を決めていけばいいのかと言いますと…

2.目的は、あなたの将来の目標から逆算する。

保険で失敗しないコツ イメージ画像02あなたは、経営者かもしれないですし、一家の主かもしれません。
しかし、どんな状況の方でも、大事なのは、『あなたの将来の目標から保険の目的を逆算すること』です。

もし、あなたが経営者であれば、

  • 会社を勇退するのは70歳
  • 事業継承をするのは60歳
  • ここまでの歳に、何人の従業員にする
  • 自分の退職金はこれくらい
  • 従業員にはこのくらい払いたい。

という、将来の目標を具体化することです。

また、あなたが、一家の主の場合は、まず、寿命から逆算します。
寿命と言っても、いつなん時何があるか分からないので、日本の平均寿命で考えます。(日本男性の平均寿命は、80歳)

  • 80歳の時点で、いくらの貯蓄が必要なのか?
  • その時の年金の予想はどうなのか?
  • 退職するのはいつか?
  • 子どもたちは、自分が何歳の時に大学を卒業するのか?
  • 上記までに、万が一のことがあった場合、いくら必要なのか?
  • 高校や大学の費用はいくら必要なのか?

という具合に逆算をするのです。

※年金予想、学費予想など不明な場合は、弊社担当者がアドバイスすることができます。ご安心ください。

このように、将来の目標から逆算することで、「いつ、どの場面で、どのくらいの金額が必要になるか?」が明確になってきます。

しかし、これだけでは、どのような保険に入ればいいか分かりませんよね。
ここで重要なのは…

3.フルパッケージ、フルバーションで見積りを依頼する。

保険で失敗しないコツ イメージ画像将来の目標からの逆算から、必要な金額が明確になったら、それを叶えられる保険を、フルパッケージ、フルバーションで見積りを依頼することです。

例えば、オーダーメイドで住宅を新築する場合、
 

  • キッチン
  • 床下収納
  • 部屋数
  • 玄関
 など1つ1つプラスしていくのが通例です。
しかし、ここで問題が発生します。

プラス式のオーダーメイドだと、

  • 「車庫にポーチを付けたかったのに…」
  • 「押入れ収納は、こうすればよかった…」

といった具合に、後々になって問題となるケースがあるのです。
 

保険で失敗しないコツ イメージ画像02それとは、逆に、お客さんの要望をすべて聞いたあとに、「あなたのご要望を満たす住宅はこういったタイプになります。」
と、フルパッケージ・フルバージョンで提案されたらどうでしょう?

車庫のポーチは付いているし、押し入れ収納も豪華です。
至るところに、大理石まであり、2階へはエレベーターまで付いています。
これなら、後々になって、設備面で問題になることはありません。

 
保険も住宅をオーダーメイドするのと同様に、まずは、フルスペック・フルバーションで見積り依頼をするのです。

そうすることで、冒頭でお話しした、万が一の時に、

  • 保険金が支払われない
  • 下りる保険金が足りなかった

という契約内容のトラブルがなくなるのです。

しかし、これでは、保険料(自分が払うお金)だけで、毎月10万円、20万円となる恐れが発生します。

その時は、どのようにすればいいのか…

4.優先順位を考えて、保険を削っていく。

kotu06保険は、将来のリスクに備えた商品です。
将来も大事なのですが、そのために、今の生活が厳しくなっては、元も子もありません。

フルスペック・フルバーションで保険の見積りをもらったら、優先順位を考えて、保険を削っていく作業に入ります。

例えば、住宅の場合であれば、

  • 大理石は不要
  • エレベーターは階段に
  • ポーチは、もうワンランク下げて…
といった具合に、支払い金額を適正にしていくのと同様です。

保険であれば、

  • 将来7000万は必要だけど、現状の貯蓄額を考えると、5000万だな。
  • 嫁がアルバイトに出ることができるから、いくら減らせる。
  • 子どもが大学卒業したら、保険金をこのくらいまで減らそう。

というようになっていくのです。

このように、自分のフルスペック・フルバーションを見たあとに、削っていく作業をすることで、

  • 契約内容が明確になる
  • 加入漏れがなくなる。(リスクヘッジができる)
  • 保険料の支払いも無理がなくなる。
  • あなたがベストな保険に入れる。

といった、メリットが生まれてくるのです。
ぜひ、参考にしていただければ幸いです。

保険のプロによる、無料相談実施中

保険のこと、将来に関する素朴な疑問、お気軽にご質問ください。
保険のプロが直接お答えさせていただいております。
尚、ご相談は、高知市、高知市周辺に在住の方、お勤めの方、また経営者の方に限らせていただいております。
※メールフォームからのお問い合わせの場合、接客中や営業時間外、休日祝日の場合は、返信が遅れる場合がございます。
 あらかじめご了承くださいませ。

お問い合わせは 0888791727 スマートフォンの場合こちらをタップすることで電話をかけることができます。

 

メールでのお問い合わせはこちらをクリック

 

 

保険のことでわからないことがあれば TEL 088-879-1727 (平日)10:00〜17:00【定休日】土日祝

有限会社 ウィズ 
〒780-0062 
高知市新本町1丁目3-2
ロイヤル新本町1F
TEL:088-879-1727
FAX:088-879-1728
PAGETOP
Copyright © 有限会社 ウィズ  All Rights Reserved.